記事ライティングガイド

記事のリライトのコツと必要なワケ!適切な記事リライトでSEO対策!

記事のリライトが必要なワケ!

2019.1.4

記事のSEO

「PV数が少ない!」
「ページを開いてくれてもすぐに離脱される!」
など、Webサイトに多くのコンテンツ(記事)を公開していれば、問題がある記事はどうしても出てきてしまいますよね。

そんな問題がある記事は、そのままにしていてもサイトに何の利益もないので「リライト」が必要。
リライトという言葉は聞いたことがあると思いますが、「記事のリライトって何をすればいいの?」と、リライトの本質や方法が分からない方は意外に多いのではないでしょうか?

まず、記事のリライトを適切に行うことで、問題が解消されSEO対策強化に繋がるとだけ先に説明しておきます。ただし、リライトは”適切”に行うのが大切であり、100%成功するとは限らないことは認識しておきましょう。

ここからは、記事の「リライト」について、その必要性やSEO対策に効果的なリライトのコツについてお話していきます。

1. 記事の「リライト」とは?その本質と必要なワケ

記事の「リライト」とは?その本質と必要なワケ
まず、「リライト」の本質は理解しているでしょうか?
大辞林を見ると、リライトの意味は『(執筆者以外の人が)文章に手を入れて書き直すこと。』と記されています。

そこで、記事のリライトを単に ”文章を書き直すこと” だと認識している方は意外に多いと感じます。
例えば、

  • 文章の前後を入れ替える
  • 「てにをは」を変える
  • 言い回し(文末表現)を変える
  • 追加説明を加える

など、現状の文章にちょっと手を入れるだけの作業がリライトと思っていませんか?

しかし、これでは現状の記事と何ら変わりがなく、ただ文章を書き直しただけに過ぎません。
そもそも記事リライトの本質は「現状の記事にはない魅力を持った記事に書き直すこと」です。

その際、すべて書き直してしまうと新規の記事になってしまうので、キーワードや記事テーマはそのままで、構成を見直して本文を刷新していくのが本来の記事リライトになります。

記事リライトが必要なワケ

なぜ記事のリライトが必要なのか?と、リライトの必要性が分からない方もいるでしょう。
まず、記事リライトが必要なワケは「SEO対策強化」のためです。

Webサイトやブログに掲載している記事の中には、

  • PV数が少ない(閲覧される回数が少ない)
  • 記事を開いても直ぐに離脱してしまう(滞在時間が少ない)
  • 検索順位が低い(1ページ目に表示されない)

といった問題がある記事がどうしても出てきてしまいます。
もし、このような記事が複数あるとき、対策もせずにそのままにしていてもサイトやブログに何の利益はなく、SEO的にも問題があります。

そこで、問題がある記事を”適切に”リライトすることで持っている問題が解消されれば、SEO対策強化に繋がっていくのです。しかし、すべての記事が成功するとは限らず、リライトの仕方を間違えてしまうと返って問題を大きくしてしまう危険性もあります。

つまり、リライトでSEO対策を強化するためには、リライトの本質を理解して、現状の記事にはない新たな魅力を持った記事に書き直すことが重要になります。

現在のGoogleなどの検索エンジンは記事の「質」を重視しているので、リライトも新規記事と同じように、クオリティの高い記事作成が求められます。

2. 記事リライトの4つのコツ!しっかりSEO対策強化!

適切な記事リライトでSEO対策強化!
記事リライトは適切に行うことでSEO対策の強化に繋がっていきますが、その「適切」な方法が分からない方もいますよね。

記事リライトに法則などはないものの、適切にリライトするためのポイントを4つご紹介します。

2-1 まずは問題点をしっかり把握する

リライトするとき、ただ闇雲に記事を書き直していても、何を改善すればいいのか分からなくなってしまいます。そのため、最初にリライトする記事のPV数が少ない、すぐに離脱するなどの問題がどこにあるのかを明確にするのが先決です。

例えば、PV数が少ない理由はタイトルに問題がある、すぐに離脱される理由は、記事内容が薄くて読みにくいなどの問題がある。というように、まずは現状の記事の問題点をしっかり把握しなければ、リライトの方向性も見えてきません。

リライト対象の記事には以下のような問題があると考えられます。

  • タイトルにインパクトがない
  • 記事全体の内容が薄い
  • タイトルと記事内容にズレがある
  • 一般論しか書かれておらず有益な情報がない
  • 専門用語や難しい表現が多く使われている
  • 読みにくい

このような現状の記事の問題点をしっかり洗い出して、どこを重点的に修正すればいいのか把握しなければ、せっかくリライトしても意味がなくなってしまいます。

2-2 検索上位記事を分析する

次に、問題点を洗い出すのと同時に、同じキーワードで上位表示される記事の分析も重要になります。
その理由は、上位表示される記事よりも検索エンジンとユーザーから評価されなければ上位表示が難しいからです。

上位3位に表示される記事を分析して、その記事よりもクオリティの高い記事にリライトしなければ、現状の記事と同じ結果になってしまいます。

先程も説明した通り、検索エンジンはもちろん、読んでくれるユーザーもクオリティの高い記事を評価する傾向にあります。そのため、現状の記事よりもクオリティの高い記事にするのはもちろん、上位表示される記事よりも評価してもらえるようなリライトが求められるのです。

2-3 タイトルとリード文はインパクト&ユーザーファーストが重要

適切な記事リライトでSEO対策強化!
記事作成において、タイトルとリード文は特に重要なポイントですよね。

タイトルはインターネット検索するユーザーが最初に目にする情報。大半のユーザーはタイトルで読むべき記事なのか判断しています。次に、ユーザーがページを開いて最初に読む文章がリード文であり、そこに書かれている内容を見てその先を読み進めるのかを決めています。

つまり、PV数が少ない、滞在時間が少ないなどの問題がある記事は、タイトルとリード文に問題があるといえます。リライトする人がタイトルやリード文を読んで魅力を感じなければ、当然ユーザーも魅力を感じていないことになりますよね。

そこで、記事をリライトする際は、基本的にタイトルとリード文は刷新していきます。
その際、タイトルとリード文ともにインパクトがあり、かつユーザーファーストを意識しておくのが重要です。

タイトルは、ユーザーが一目で思わずクリックしたくなるような記事タイトルが理想。リード文に関しては、ターゲットをある程度イメージして記事の内容を分かりやすく伝えることが大切になります。

タイトルの付け方およびリード文(キャッチコピー)の書き方のコツは、『記事の書き方の基本!読みやすくて面白い文章の書き方のポイント』で詳しく説明しているので是非ご覧ください。

2-4 キーワードを分析・再選定して記事内に自然に盛り込む

記事作成のSEO対策で欠かせないのが「キーワード」ですよね。
現状の記事でもキーワードが選定されているはずです。

そこで、選定されているキーワードの検索ボリュームを分析して、需要が少ないキーワードが選定されている場合は、SEO対策に効果があるキーワードの組み合わせを選定する必要があります。

ただし、メインキーワードを変えてしまうと別記事になってしまうので、関連キーワードの中から現状の記事テーマに合わせて、よりSEO対策に効果的な組み合わせを選定するのが重要です。

そして、リライトする際は、タイトルおよび見出し、リード文や本文にも文章が不自然にならないように意識してキーワードを盛り込んでいきます。

3. まとめ

サイトやブログに公開する記事の中には、PV数が少ない、滞在時間が少ないなどの問題がある記事はどうしても出てきてしまいます。その問題がある記事をそのまま掲載しても何の利益がないので、リライトが必要になります。

リライトの本質は、現状の記事にはない魅力を持った記事に書き直すことであり、簡単な文章の操作はリライトと呼びません。基本は現状の記事よりもクオリティの高い記事の作成が求められ、適切にリライトすることでSEO対策強化に繋がるのです。

また、新規記事と同じように、リライトでもオリジナリティをだすことも大切ですよ。