TOP

【SEOを強化!】記事タイトルの効果的な付け方を解説!

2021.9.29

記事のSEO

【SEОを強化!】記事タイトルの効果的な付け方を解説!
九段さん
最近ブログを始めたんですけどなかなかページへのアクセス数が増えないんです。本文にはそれなりに自信があるんですけど・・・

no-img2
記事Pro
スタッフ
もしかしたらタイトルの付け方が問題なのかもしれませんね。タイトルはクリック数に影響を与えますから。

九段さん
でもブログで一番大切なのは本文ですよね?

no-img2
記事Pro
スタッフ
そのとおりですが、記事タイトルも無視できません。タイトルは検索時に非常に目立つ要素だからです。それにタイトルしだいでSEOによい影響を与えることもあります。

この記事では、記事タイトルとSEOとの関連性およびSEOに強いタイトルの付け方について解説します。

1.そもそもSEOとは

SEOは「Search Engine Optimization」の略語です。

「Search Engine」はGoogleなどの検索エンジンを意味します。
「Optimization」は最適化のことです。
まとめるとSEOは日本語で「検索エンジン最適化」と訳されます。

九段さん
いまいちピンときませんが、要は何をすることですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
すごく簡単に言えば「検索エンジンの検索結果で上位表示されるよう頑張ること」です。ネットユーザーが特定の言葉を検索にかけると、関係しそうなサイトが検索結果にたくさん出てきますよね?目立つのはやはり最初に出てくるサイトです。SEOはいろいろな工夫を凝らして1位表示を狙う作業を指します。

1-1.SEOとタイトルの関係

1-1.SEOとタイトルの関係

SEOを考えるときは基本的にGoogleの見解を重視する必要があります。
Googleは検索エンジン業界の最大手であり、圧倒的なシェアを誇っているからです。

「statcounter」のデータによると、2021年7月時点でのGoogleのシェア率は77.82%、Yahoo!は13.82%。
3番手のBingは7.77%とGoogleとは雲泥の差です。

参照:Desktop Search Engine Market Share Japan July 2020 – July 2021, statcounter

またYahoo!はGoogleの検索システムを採用しているため、Googleのシェア率は実質9割を超えています。

ではそのGoogleはタイトルについてどんな見解を持っているでしょうか?
公式サイトには以下の記述があります。

“Google がページを理解できるよう手助けする
(略)
・ 要素と alt 属性をわかりやすく、具体的で正確なものにします。(以下略)”

出典:ウェブマスター向けガイドライン, Google検索セントラル

九段さん
タイトルをわかりやすく書くようにとはっきり言ってますね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
そうなんです。これは上級者向けSEOのページにあるコンテンツの1文です。このことから、タイトルに力を入れるのはSEO上大切なポイントだと想定できます。

1-2.ユーザーに「親切なタイトル」はクリックされる

1-2.ユーザーに「親切なタイトル」はクリックされる

no-img2
記事Pro
スタッフ
SEOはGoogleに高く評価してもらうための施策ですが、検索ユーザーにとって親切なタイトルをつけることも大切です。

九段さん
「ユーザーにとって親切」とはどういう意味ですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
簡単に言えば「ユーザーがクリックしたくなるタイトルにする」ということです。

タイトルはアクセス数アップに欠かせない要素です。

検索結果が表示されたとき、ユーザーはタイトルとスニペットを見てクリックするかどうか判断します。
特にタイトルは大きく表示されて目立つので、多くのユーザーはタイトルに注目します。

検索結果で上位表示されてもタイトルが良質でないとクリック率(CTR) は上がりません。

クリック率とは「サイトや広告のリンクが表示された回数に対して、何回アクセスしてもらえたかを示す数値」です。
例えばGoogleで10回タイトルが表示されて5回クリックされたら、クリック率は50%です。

no-img2
記事Pro
スタッフ
不思議に聞こえるかもしれませんが、仮にGoogleで1位表示されてもクリック率が微妙なケースはあります。Googleの評価が良いので中身は充実しているはずですが、タイトルがイマイチなのが原因でクリックされていないのです。

九段さん
例えるなら、ラーメン専門誌で評価が高いラーメン屋でも、看板やロケーションがわかりにくくて入店してもらえないようなものですかね・・・

no-img2
記事Pro
スタッフ
そんな感じですね。詳しくは後述しますが、タイトルはわかりやすくキャッチーなものにするとアクセス数がアップします。ユーザーの動きはGoogleにとって重要なので、ユーザーにとって親切なタイトルは結果的にSEO効果につながります。

2.SEOを意識したブログタイトルの付け方

no-img2
記事Pro
スタッフ
ここからはSEO効果のあるブログタイトルのつけ方を具体的にご紹介します。少なくとも以下の4つの点を意識してください。

  • 検索されるキーワード選び
  • 検索クエリに込められたユーザーニーズの見極め
  • タイトルの重複をチェック
  • 「中を見たい」と思わせるタイトル選び

2-1.まずは検索されるキーワード選びから

2-1.まずは検索されるキーワード選びから

1番目のポイントは「そもそも検索需要があるキーワードを選ぶこと

キーワード選定はタイトルのみでなく、記事全体の方向性を定めるのに重要です。
とはいえ後述するようにタイトルには原則キーワードを入れることになるため、SEOに強いタイトルをつける上でもキーワード選定に力を入れるのは大切です。

ある程度検索ボリュームがあるワードをキーワードに選ばないと、そもそもユーザーはそのワードを検索すらしません。
それではSEOどころか、ブログを書く意味そのものが薄れてしまいます。

趣味で書くならまだしも、収益目的でブログを書くならアクセス数は大事です。
あまりにマイナーなキーワードないしテーマでは市場価値がありません。
例えば「南極 夕日 おすすめ」をキーワードに選んでも、ほとんど需要はないでしょう。

そのため検索ボリュームをチェックし、ある程度需要が多そうなキーワードでブログを書きましょう。
キーワードプランナー」や「Ubersuggest」などのツールがボリュームチェックに役立ちます。

ボリュームの数値目安はありませんが、少なくとも0や1桁のボリュームではなく100~1,000くらいのワードを狙うとよいでしょう。

九段さん
検索ボリュームは多いほどいいですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
そうとは限りません。「ビッグキーワード (検索ボリュームが多いキーワード。1単語であることが多い)」は需要が多いですが、競合性が高いからです。例えば「副業」の検索ボリュームは165,000もあります(Ubersuggest調べ)。実際に検索にかけると有名メディアや求人メディアが上位に表示され、まともに競い合うことになればSEOが難しそうです。

no-img2
記事Pro
スタッフ
そこでおすすめなのは、キーワードを2つか3つにしてミドルキーワードないしはロングテールキーワード (スモールキーワードとも呼ばれる)にすることです。ビッグキーワードよりも検索ボリュームは下がりますが競合が少なくなります。

ミドルキーワードであれロングテールキーワードであれ、検索ボリュームと競合性を天秤にかけて選定しましょう。

2-1-1.関連キーワードは集約すべし!

ミドルキーワードやロングテールキーワードを使用する際に意識したいのは「関連するキーワードを1つにまとめること」です。

単語が異なるとしても、意味合いやニーズが被るケースがあります。

例えば「男性 マッチング 40代」「男性 マッチング アラフォー」という2つのキーワード群はニュアンスが同じです。
実際に両方のキーワード群をGoogleに検索にかけると上位表示されるコンテンツがいくつも被っています。

no-img2
記事Pro
スタッフ
このようなケースでは、あえて別々のコンテンツで分けずに1つのコンテンツにまとめる方がスマートです。分けてしまうと同じようなタイトルおよび記事の量産につながり、SEOにマイナスになります。

九段さん
どうしてマイナスになるんですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
言葉は多少違っても傾向が似ているページがあると、Googleはユーザーのクエリに対してどのコンテンツを表示すればよいか迷います。そうなるとコンテンツが正しく評価されずに下位に行ってしまいかねません。

2-2.検索クエリに込められたユーザーニーズを見極める

2-2.検索クエリに込められたユーザーニーズを見極める

2つ目のポイントは「検索クエリからユーザーの欲しい情報を読み取ること」です。

SEOのカギは、ユーザーファーストで中身が濃い記事を公開することです。
それを達成するには、特定のクエリを検索バーに打ち込んだユーザーが一体何を知りたがっているのかを知らなければなりません。

検索意図を把握できると、書くべき内容はもちろんタイトルに入れるべき文言もイメージできます。

九段さん
意図を知るには具体的にどうしたらいいですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
選定したキーワードを実際に検索にかけて、上位表示されるサイトのタイトルや中身をチェックしましょう。基本的には「上位サイト=ユーザー満足度の高いサイト」なので参考になります。

なお前項で説明したミドルキーワードやロングテールキーワードは、検索意図を把握するのにビッグワードよりも有利です。

no-img2
記事Pro
スタッフ
以下の2つを比べてください。

  • ビッグワード:「副業」
  • ロングテールキーワード:「副業 法律 公務員」
no-img2
記事Pro
スタッフ
「副業」だけだと検索意図が多種多様過ぎて的を絞るのが大変です。副業の意味が知りたいのか、おすすめの副業が知りたいのか、副業に関する法律情報が欲しいのか、はっきりわかりません。

九段さん
たしかに。逆に「副業 法律 公務員」だと「公務員が副業するのは法律的にOKか?」について知りたいのだと想像できます。書くべき内容がわかりやすいですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
検索意図を読み取る上でも、複数のワードをキーワードに選ぶことは役立ちます。

2-3.タイトルの重複をチェック

2-3.タイトルの重複をチェック

3つ目のポイントは「タイトルの重複チェック」です。

前述のとおり、Googleは重複コンテンツを好みません。
仮に上位表示されるブログタイトルがまったく同じか非常に似ていたらユーザーに不親切です。

Googleにとって企業からの広告収入は重要です。
しかしユーザーに不親切な検索結果表示を許すと、ユーザーは使いづらさを感じて離れてしまうでしょう。
ユーザーがいなければ広告を出す意味も薄れ、企業からの広告収入も減少します。

そのためGoogleは利便性向上を目的に、同じタイトルのブログを検索結果から外すか下位に押しやるかもしれません。

no-img2
記事Pro
スタッフ
Google Search Console」などを活用して、タイトルが重複しないように気をつけましょう。

2-4.「中を見たい」と思わせるタイトルをつける

2-4.「中を見たい」と思わせるタイトルをつける

4つ目のポイントは「ユーザーがクリックしたくなるタイトルをつけること」です。

最初の方で説明したように、タイトルの出来はある程度クリック率に影響します。

どれだけ本文がよくても、タイトルのせいでアクセスがなければ意味がありません。
おいしい料理を出すお店なのに、店構えや立地の悪さが理由で客が少ないのに似ています。

九段さん
クリック率をあげるにはどんなタイトルをつけたらいいんでしょうか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
いろいろな方法があります。特に重要なのは「ユーザーが欲しい情報が記事内にあるとアピールすること」です。これは前述の「検索意図の把握」とも関係する点です。具体例で考えましょう。例えば九段さんが以下の条件で検索をかけたとします。

  • クエリ:「ポイントサイト メリット」
  • 欲しい情報:「ポイントサイトを利用するメリットを知りたい」「おすすめのポイントサイトを知りたい」
no-img2
記事Pro
スタッフ
以下の2つのタイトルならどちらをクリックしますか?

  1. 「メリットだらけのポイントサイトとは?おすすめサイト5選も紹介」
  2. 「ポイントサイトとは?歴史と使うべき理由を徹底解説!」
九段さん
1番目のタイトルですね。「ポイントサイト」「メリット」両方のワードが入っているので、直感的に「自分が欲しい情報がそこにある」と感じられます。それにおすすめサイトを紹介しているので、完全に自分のニーズとマッチしています。

no-img2
記事Pro
スタッフ
2番目のタイトルもポイントサイトの意味やメリットについて説明しているだろうと推測できます。しかし「メリット」という言葉がなくて一瞬わかりづらいですし、おすすめ情報もなさそうに見えますよね。このようにユーザーが「自分の知りたいことが書かれていそう」と感じられるのが良質なタイトルです。

2-4-1.SEOに強いタイトルの付け方

ユーザーの欲しい情報があることをアピールする以外にも、SEOに強いタイトルのつけ方はさまざまあります。

代表的なのは以下の方法です。

  • キーワードを入れる(乱用はNG)
  • 具体的でわかりやすい言葉遣い
  • ページごとにユニークなタイトルをつける
  • 本文との整合性をとる
  • 28文字前後に収める
  • 疑問形や数字・記号を適度に入れる
  • 手軽さを伝える
no-img2
記事Pro
スタッフ
タイトルは非常に重要なので意識すべきことは多くあります。より詳しい情報については以下の記事を参照してください。

参照:「記事タイトルは記事の顔!?9つのコツでアクセス数アップ

3.記事公開後はSEOの結果をこまめにチェックする

タイトルが決まり記事が完成して公開した後にも行うべきことはあります。

選んだタイトルがSEOに効果的かどうかを確認し、必要に応じてタイトルないしはコンテンツのほかの部分の修正を行うのは大切です。

3-1.「Googleサーチコンソール」でCTRをチェック

3-1.「Googleサーチコンソール」でCTRをチェック

選んだタイトルがSEO効果の高いものかどうかを知る1つのコツは「Google Search Consoleを使ってクリック率を調べること」です。

クリック率(CTR) はすでに説明したとおり、検索結果を見たユーザーがどれくらい自分のブログにアクセスしてくれたかを示します。

クリック率はある程度検索結果の順位と比例します。
以下の画像は「BACKLINKO」がまとめたCTRのデータです。

グラフ表

出典:Brian Dean, “Here’s What We Learned About Organic Click Through Rate”, BACKLINKO(更新日2019年8月27日)

このデータによると検索順位ごとのクリック率は以下のとおりです。

  • 1位:31.73%
  • 2位:24.71%
  • 3位:18.66%
  • 10位:3.09%
九段さん
たしかに検索順位が高いほどクリック率も高いですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
最初に表示されるサイトほど目立ちますからね。とはいえ上位にあるからといって必ずしもクリックされるとは限りません。九段さんは何かを検索するとき絶対に1位や2位のサイトをクリックしますか?

九段さん
そういうときもありますが、タイトルを見て3位や4位から見始めることもあります。

no-img2
記事Pro
スタッフ
そうですよね。上位表示されていてもクリック率が相対的に低い場合があるので、随時クリック率をチェックするのはよいことです。順位にそぐわないクリック率だと思ったらもっとキャッチーなタイトルに変えるのも手です。

no-img2
記事Pro
スタッフ
ただし「クリック率が低い=タイトルだけの問題」ではありません。ディスクリプションに問題があるかもしれません。またそもそも下位表示されていることがクリックされない原因かもしれません。タイトルだけでなく、SEOに関係する他の要因も併せて総合的に考える必要があります。

関連記事:「【SEO対策】ページタイトルのクリック率を格段に上げる11のポイント!

3-2.タイトルの変更はSEOに影響する?

3-2.タイトルの変更はSEOに影響する?

九段さん
タイトルを変えると、一気に上位表示されることはありますか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
大きく変わることはありません。タイトルよりも本文の情報の質がより重要ですからタイトルの変更のみでSEO効果が急激に上がることは期待できません。むしろ下手にタイトル変更して順位を落とすリスクも想定されます。

no-img2
記事Pro
スタッフ
ただし以下のようなケースではタイトルの変更を考えた方がよいでしょう。

  • 記事の中身とタイトルが乖離しているケース
  • サイト全体の閲覧数が多いのに、その中の特定の記事のクリック率が低いケース
  • 上位に表示されているのにクリック率は低いケース
no-img2
記事Pro
スタッフ
1番目については、記事とタイトルとに整合性がないとGoogleから評価してもらえない恐れがあるからです。2番目は、特定の記事のみタイトル選びに失敗している可能性が考えられます。3番目のケースは前項で説明したとおりです。これらのケースではタイトル変更を視野に入れた方が良いでしょう。

タイトルの変更について詳しくは、以下の記事を参照してください。

参照:「記事タイトル変更はSEO効果なし!?変更時の3つのコツとは

4.タイトル自動作成ツールのメリット・デメリット

4.タイトル自動作成ツールのメリット・デメリット

九段さん
タイトルを自動で作成してくれるツールがあるって聞いたんですが、実際のところどうなんでしょうか?キャッチーなタイトルを考えるのはけっこう大変なので自動で作成できるとありがたいんですが・・・

no-img2
記事Pro
スタッフ
実用性は高くありません。試しに「メガトリ」と「ブログ作成支援」を使うとどのようなタイトルが作成されるか試してみました。キーワードは「ポイントサイト メリット」にしています。

「メガトリ」の結果
  • ポイントサイト メリットの基本をサルでもわかるようにまとめた
  • 6196年話題になったポイントサイト メリットサービスまとめ
  • 社会人のための本気のポイントサイト メリット学習法【良質】
「ブログ作成支援」の結果
  • ポイントサイト メリットを予兆する9つのサイン
  • 前向きに生きるためのポイントサイト メリット
  • たった4のルールを守るだけでポイントサイト メリットが楽になりました
九段さん
そのまま使うのは無理そうですね・・・

no-img2
記事Pro
スタッフ
意味が通じないものが多いですよね。自動作成ツールのみでキャッチーなタイトルをつけるのは無理です。ただし自分では思いつかなかった言い回しを発見できることもあるので、参考程度に使うのは問題ありません。

5.SEOに強いタイトル作りなら「記事作成代行Pro」

記事作成代行proのトップ画像

Googleにもユーザーにも訴求力のあるタイトルをつけたいなら、自動作成ツールではなく人の力が一番です。

しかしもし自力でタイトルやコンテンツを作るのを難しく感じるようなら、SEOのプロに相談するのも一案です。

no-img2
記事Pro
スタッフ
私たち「記事作成代行Pro」は、SEO特化型のブログコンテンツ制作を得意としています。タイトルはもちろん見出し構成や本文など記事作成全体におけるSEOのプロですので、アクセス数を増やしたい方はぜひご相談ください。以下は当社の実績の一部です。

記事作成代行Proの実績

赤枠左の数字は現在の順位で、赤枠はSEOに取り組んだ結果どれだけ順位が伸びたかを示しています。
※青の塗りつぶしはキーワードの部分です。顧客情報に関連しますので非表示にしています。

九段さん
豊富な実績があるんですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
タイトルをはじめキーワード選びや記事作成においても、弊社は心理学を重視した言葉選びをしています。ユーザーの検索意図を読み取って構成を組むのに7割もの時間をさくため、心に響く記事・クリックしたくなる記事に仕上がるんです。

記事執筆などSEOに関連したお悩みがある場合は、ぜひ一度公式サイトをご覧ください。

6.まとめ

タイトルはSEOに重要な要素です。
またユーザーのクリック率を左右する力も持っています。

no-img2
記事Pro
スタッフ
タイトルは30文字程度の身近な文章ですが、ユーザーがサイトに関して最初に見る情報です。タイトルでどれだけユーザーを引き込めるかがアクセス数アップのカギです。ユーザーに親切なサイト設計はGoogleにも評価されやすいサイト設計でもあることを覚えておきましょう。

九段さん
教えてもらったタイトルのポイントをさっそく意識してみます。

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事執筆でプロのサポートが欲しい場合には、「記事作成代行Pro」に是非ご用命ください。